私とカメラの徒然記
なんとなく美しい、珍しい、変わってるなあと感じた自然界の素晴らしさをカメラにまかせ、人間社会の現象で感ずることがあれば、文字にしてみようと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然と人工(つづき)
選択の戦い
DPP_07_04_14_15jpg00103.jpg

この写真は奥大井の長島ダムから撮ったものです。自然の滝と見間違えていただければ、私の思惑通りです。このダムは、大井川の流水調整や灌漑用水の補給などの役割を果たす多目的ダムで、高さ109m、幅308m、貯水量7,800万立方メートルあり、蓄えられた部分を接岨湖といいます。
DPP_07_04_14_15jpg00108.jpg

実は滝ではなくて接岨湖の最深部と思われるダムから50mほどの中央部に作られている噴水なのです。
私には巨額の予算を費やしてここに噴水を設置しなければならないのかその理由が分からないのです。維持管理に同じ電気代を使うのなら滝の方が自然になじむのではないかと、意地悪な写真を撮ってきたしだいです。

次回は「自然と人口」を予定しています。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sn3104.blog89.fc2.com/tb.php/17-9e596900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。