私とカメラの徒然記
なんとなく美しい、珍しい、変わってるなあと感じた自然界の素晴らしさをカメラにまかせ、人間社会の現象で感ずることがあれば、文字にしてみようと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然と人工(Ⅲ)
選択の戦い(谷間に掛ける橋)
大井川支流の寸又峡にかかる三つの橋です。この三つの橋の内、どの橋が総合的にベストと考えますか。
いろいろな角度から考えてみてください。すべて国家予算を使うという前提で思考してください。どこの官庁の予算が使われているかも想定すると興味深いことがわかってくるかも知れませんよ。

1.最上流のアーチの橋(飛龍橋)自動車通行可能
DPP_07_04_14_15jpg00030.jpg

2.500メートル下流の大間ダムにかかる(夢の吊り橋)観光用10名限度
DPP_07_04_14_15jpg00032.jpg

3.さらに1km下流の(猿並橋)猿用人間の利用はほとんどない
DPP_07_04_14_15jpg00020.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sn3104.blog89.fc2.com/tb.php/18-3592e8bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。