私とカメラの徒然記
なんとなく美しい、珍しい、変わってるなあと感じた自然界の素晴らしさをカメラにまかせ、人間社会の現象で感ずることがあれば、文字にしてみようと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「玉川上水と分水」展
350年以上前から、江戸・東京の人たちに水を供給してきた玉川上水の歴史を紹介する「玉川上水と分水」展をみてきた。小金井公園内の江戸たてもの園で開催されている。
玉川上水は、神田上水と共に江戸の人々の生活を支えてきた。多摩川の羽村取水堰を水源として四谷大木戸まで約40kmをつなぐ用水路である。1653年(承応2年)玉川庄右衛門と清右衛門が開削工事をしたと伝えられている。淀橋浄水場が廃止される1965年には、小平監視所より下流には水が途絶えたが、都の「清流復活事業により86年杉並の浅間橋まで高度処理水による水流が復活し、2003年に国の史跡に指定されている。
展示会場では、文献や地図のほか高札・木樋(木の水道管)江戸市中の上水道の図面を見ることができる。

明治40年に外国人向けに紹介された「玉川上水と小金井桜」
現在この位置から写真を撮ろうとしてもケヤキやツツジにさえぎられて橋すら撮影できない。(江戸博物館蔵)
IMG_3703.jpg


私が感心したのは、展示室中央の台に、玉川上水の全体を含む約2m×5mの標高5mごとに1mmの段差をつけた立体地図である。
学芸員が手作りで2週間かけて制作したそうである。いかに平坦な地形に緻密に掘られたかという江戸測量技術の素晴らしさにまして、この立体地図を作り上げた学芸員の情熱に驚かされたのである。
水源の標高が130mとしても26枚の大きな地図を等高線に沿ってきること貼り付けること考えただけで、ぞっとする努力である。多分徹夜でもしなければ2週間で仕上げられる代物ではない。
昨今、行政批判の多い中、都の職員にこのような方もおられることを知って、2重の喜びであった。
こればかりではない。現在の千川分水と野火止分水を最後まで追い、幻灯に仕上げた写真なども情熱を感じる作品になっている。是非、現在の労作も後世に残しておいて貰いたいものだ。
スポンサーサイト

テーマ:*写真で残す日常* - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sn3104.blog89.fc2.com/tb.php/20-41df1030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 測量 】について最新のブログの口コミをまとめると

測量に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 プレサーチ【2007/09/26 13:23】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。