私とカメラの徒然記
なんとなく美しい、珍しい、変わってるなあと感じた自然界の素晴らしさをカメラにまかせ、人間社会の現象で感ずることがあれば、文字にしてみようと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目的の戦い・・・・・
この世の中、自由を満喫すればするほど、守る側と攻める側が熾烈な競い合いをし始めるのではないかと思うようになったのです。同じ目的を持って経営される企業内部でさえ、部署によってその目的とすることが異なりその方向が違ってくることがあります。
ましてや些細な個人の行動レベルのことになりますと、年齢の差あるいは趣味の違いによって行動パターンが異なり、喧嘩までに発展しなくとも、そんなことやめてくれないかなあ、と思うようなことに度々出会うのです。この写真もそんなひとつです。

IMG_5934b.jpg

これは某公園のソメイヨシノの林です。
IMG_5935b.jpg
子供に絵を頼んでまで懸命に桜の老木を守ろうとしていることはよくわかります。だが、この林の中には、備え付けのテーブルもあればベンチも散在するのです。自由に林の中に入れるようになっている情況の中で、桜の根が傷むので木の周りを踏むなという立場の人たちの訴えが、写真のように1本1本に巻きつけられているのです。自然の美観を損ねるし、注意書きを読もうと木に近寄れば、それこそ、目的とは逆の結果をまねくだけです。花見シーズンの花見客の反響や如何。ましてや大きな災害が起きたらこの訴えは、胡散霧消の憂き目に会いそうです。
カメラ曰く「ここはオレの出る幕じゃないよ」
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sn3104.blog89.fc2.com/tb.php/6-2fb6e47e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。