私とカメラの徒然記
なんとなく美しい、珍しい、変わってるなあと感じた自然界の素晴らしさをカメラにまかせ、人間社会の現象で感ずることがあれば、文字にしてみようと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸気機関車の不思議
このような駅は実在しません。しかしレトロで旅の気分を感じさせてくれるではありませんか。
IMG_5887b.jpg

カメラが曰く「また懐古趣向が首をもたげたの?おれこんなの撮りたくないよ。」
仕方なく私「それじゃ本命にいくか。機械同士頼んだぜ。」

IMG_5892b.jpg

IMG_5888b.jpg

IMG_5889b.jpg

というわけで、公園の西口近く、鉄柵にに守られ鎮座ましますC57であります。長年、雨露にさらされ塗料がぼろぼろに剥がれ、いたるところ錆が吹き出て放置同然の状態だったものを、昨年突然、その訳はともかくとして大枚の予算をかけて補修された機関車なのです。
カメラに私「蒸気機関車を撮ったから、これでお前の顔がたったろう。」
カメラ曰く「横から撮った写真は、まあまだがね、正面からのは青みがかっているよ。あんた腕悪いね!」

C57がどんな蒸気機関車でどこを走っていたかなどは、あとの機会に譲るとして、どうしても解せないことが2つあるのです。
1つは、この巨大なものをトレーラーで運んできたそうですが、どうしてここに入れられたかということです。一時期某漫才コンビが「地下鉄にどうして車両入れたのか考えて夜も寝られない。」というのがありましたが、ちょっとそれとは違うのです。樹木が周りにはあるし入り口は狭く入れる余地がないからです。
2つ目は、ウイークデイのある日孫に聞かれて困ったのですが、日曜祭日にしか鉄柵の中に入って運転席を実感できないのです。大人にだったら予算か人員からと何とかこたえるのですが、幼稚園の子供には通じません。仕方なく「お父さんお母さんが休みのときしか子供をつれて来れないからだよ。」と答えておいたのだが、納得したかどうか?
膨大な税金を注入したのなら活かす方法を考えないと子供に笑われるよ。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sn3104.blog89.fc2.com/tb.php/8-4b4e8a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。